ラスベガス レンタカーセンターにて レンタカー乗り換えを。


※2016年6月〜7月のアメリカ旅行記です。

アメリカ滞在期間が長いことを利用して
今回の滞在ではレンタカーを1週間ずつ
別々の会社で利用することにしました。

アリゾナ州 フラッグスタッフからずっと一緒に旅をしてきた
フォードのEDGE(エッジ)とはレンタカーセンターでお別れです。
20160702_013a
フルサイズSUVという大きな車種を初めて利用させていただきましたが、
本当に本当に快適で楽しいドライブ旅でした。
期間が長く、荷物が徐々に増えて行く旅には
かなり大きめのフルサイズSUVでもちょうど良いサイズだと思いました。

今回はラスベガス滞在中での乗り換えなので
大きな荷物などは特に乗り換えさせず、
サンシェードなどの乗車中に必要な荷物のみ一緒に乗り換えます。

フォードEDGEをお借りしたのはエイビスレンタカーです。
http://www.avis-japan.com
エイビスレンタカーの日本語サイトだとフルサイズSUVが
保険フルカバーの料金でとてもお安く借りることができました。
新車にこだわらなければエイビスでも十分に良いと思いました。

さて、次のレンタカー会社へ行くのに少し迷いましたが、
レンタカーのチェックアウト(貸し出し)は
レンタカーセンターの2Fになります。
チェックイン(返却)が1Fなのでとりあえず建物の2Fへ行きます。
20160702_014a

こちらがエイビスレンタカーのカウンターです。
20160702_015a
これから行かれる方はこちらでチェックイン手続きをされると良いです。

そして、次のレンタカー会社へ。
20160702_016a
レンタカー最大手のハーツレンタカーです。

まずはチェックアウトのためにカウンターへ行ってきましたが・・・
20160702_017a
係員
「ここに来なくて良いのよ。だってハーツ#1ゴールドの会員でしょ(笑)」と。


・・・ハッ!

気づくのが遅すぎました。
我が家はハーツ#1ゴールドの会員だったのです。
今は無料で誰でも会員になれますが、
昔、有料だった頃からの古い会員だったのです(笑)
#1ゴールド会員の場合、
カウンターでの手続きが省略されて
直接レンタカーが並んでいる場所へ行くのがルールなのです。

やってきました!
20160702_019a
#1ゴールド会員専用の掲示板です。
こちらには苗字のアルファベット順に名前が書かれているので
自分の名前を調べていきます。
我が家の番号は125番です。
これは今回お借りする車の駐車番号です。
では125番まで歩いて移動します。

20160702_023a
こちらが125番です。
President’s Circleと書かれているのはちょっとびっくり(笑)
その横にはフルネームで自分の名前が書かれています。
名前を確認して車種も確認したらOK。
すでに車の鍵が開いたままで
車のキーは中に刺さっているので
このまますぐに出発することができるのです!
ここまで何の手続きの必要もないのがハーツレンタカー最大の魅力です。

20160702_021a
今回お借りしたのはミッドサイズSUV。
日本から予約をしてしまうと、日本人が予約をすると、
ほぼ100%の確率で日本車を配車されてしまいます。
せっかくのアメリカ滞在なのですから
本当はアメリカの車に乗りたいなーって思います。
今回は日産のROGUE(ローグ)という北米向けの車種です。
これまでハーツではマツダ、トヨタ、日産とずっと日本のメーカーばかりです(汗)

20160702_024a
車の液晶ディスプレイです。
フォードEDGEよりもやや小さめではありますが、
今、聴いているラジオの番組名と曲名、アーティスト名がきちんと表示されます。

さあ、出発しましょう!

20160702_033a
通り道で空港のプライベート専用ターミナルには
私の滞在中の大半、このピンクの大きなジェット機が駐機されていました。
写真で見るよりもとても大きくて
日本の定期便で使われるE70(70人乗り)くらいの大きさの飛行機です。
機種名は Bombardier BD-700-1A10 Global 6000。
独立記念日に向けてどこかの大富豪がやってきたのだと思います。

20160702_036a
誰がこの飛行機の持ち主なのか、誰が乗ってきたのか気になりますが、
何があっても、誰と会っても不思議ではないのが
ラスベガスの魅力かもしれませんね。

↓こちらの記事もいかがでしょうか↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

フェイスブックページにはブログで書ききれない情報まで掲載中!




ブログランキングへ応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
最後までお読みいただきありがとうございました。