JAL Yクラス 特典航空券の予約をしました!


※このページは2019年12月〜2020年1月アメリカ旅行準備の記録です。

2019年年末〜2020年年始のアメリカ旅で利用するための特典航空券の確保が完了しました!

普段、どれだけ買い物しているんだろう?

・・・と、陸マイラーの割には簡単にマイルを達成してしまうことが日常的な出費が痛すぎる点について一応、実感しています。
今のところ、2回に1回は特典航空券によるアメリカ旅行に出かけているわけですからとんでもないことなのです。
JALカードで日常的な買い物をしているということで特典航空券を利用できるのはありがたいことなのですけれどね。
JAカードの使い方で1番還元率が高いのが特典航空券なのだと・・・信じています。

今回の予約はサンディエゴからの帰国便の手配です。

まずは空席状況の確認を・・・。

帰路はサンディエゴから大阪への便を選んでみました。
年始の三が日と4日以外はまだ需要が低いせいか片道25000マイルで手配出来そうな雰囲気なので
今のうちに希望日の手配をしてみました。


我が家的には機内食の時間に後方への気遣いが面倒臭いというか、
座席のリクライニングを元の位置に戻すことがあまり好きではないので
座席を倒したままゆったりと食事ができるトイレ前の座席を選びました。
前方に誰もいないバルクシートと最後列のどちらが長時間フライトで楽なのか、とても悩みますが、
バルクシートを利用した際に足は自由に伸ばせるけれど
前の座席がないことでペットボトルやスマホの置き場所に困った経験がありました。
なので、我が家的には長時間フライトでのバルクシートはもう嫌という結果、
最後列のシートを選択することにしました。


2人で片道分の燃油サーチャージと税金、諸費用を合わせて34600円。
1人あたり17300円ほどかかりました。
このお支払いもすべてJALカードで・・・またマイルが貯まっていきます。


なんと!
来年のサンディエゴー成田線のB787はSky Suiteという機材に変更となることが分かりました!!
機内エンターテインメントはMagic6という最新のシステムに変わるようです。
今回はエコノミークラスなのでSky Widerという赤いシートとなります。
座席のピッチが広いのが特徴でちょっと楽しみです。
成田から伊丹空港への3009便という便は現行の3007便の後継だと思われますが、
最初からSky Suite767という国際線の最新機材であることが表記されていて驚きました。
ここはできれば搭乗当日の有償アップグレードで前方の座席へ変更したい部分でもあります。

まだ次のアメリカ旅行にも行っていない時期なのに
さらに次のアメリカ旅行の手配とか・・・ちょっとややこしくもありますが、
年末年始はかなり長い休暇をいただく予定なので今からとても楽しみです。