サンディエゴ カールスバッド HGVC at MarBrisaにチェックイン!


※このページは2018年11月〜12月のアメリカ旅行記です。

サンディエゴから車で30分ほど北に位置した
Carlsbad カールスバッドという街にあるHGVC at MarBrisa ヒルトングランドバケーションズクラブ マーブリサに到着です。

HGVC at MarBrisaの場所はこちら!

隣にはレゴランドがあり、HGVC専用の入口が用意されている上に、
HGVC MarBrisaとウェスティン、シェラトンの3つのリゾート、ホテルが同じ敷地内にある
とても大きな規模のリゾートで驚きました。


HGVCへはゲートのある駐車場へと進みますが、特に何もしなくてもゲートのバーは上に上がる仕組みでした。
そして、最初に向かった先はフロントのあるメイン棟へ。

メイン棟のフロントでチェックインの際にリゾートの使い方などを地図を用いてレクチャーされました。
HGVC、ウェスティン、シェラトンの各棟を結ぶカートの営業時間やプールの営業時間、
敷地内のレストランの案内などを色々と説明してくださいました。
次にエクスペリエンスセンターのデスクでウェルカムギフトとしてクーポン類を頂いたり、
翌日から周辺を楽しむためのチケット類の購入をお願いすることができました。
とても親切すぎる方による案内でSan Diego Zoo Safari Parkのチケットのみを購入しました。
レゴランドはウェブ価格の方が断然に安い!との助言で購入回避です。
それと、カールスバッドのファーマーズマーケットが水曜日の15時から18時に開催されることも教えてもらいました。
あとは冗談っぽく「HGVCのオーナー説明会はどうよ?参加しないの?」と尋ねられましたが、
何しろ英語のみの説明会は難しすぎるし、ラスベガスで参加した後だったのでお断りしました。
説明会を断ることについても嫌がられることなく、むしろ「気が変わったら声かけてね。」くらいの軽さでした(笑)

※敷地内の地図を追加しました。

HGVC MarBrisaとウェスティン、シェラトンを結ぶカートの営業時間は
午前8時30分〜12時と午後4時〜8時のみです。
チェックアウトとチェックインの時刻に合わせて運行されているようです。

さて、これから部屋へ移動です。

部屋までは道がわからないのでフロントの係員による案内なのですが、
先にゴルフカートで先導してもらい、私たちは車で後を追うような形で付いて行きました。


こちらが今回滞在する棟です。
VILLA50と書かれています。
1Bed Room Plusの部屋を予約したところ、こちらになりました。
メイン棟からはかなり離れた場所に位置します。
メイン棟へのアクセスに使ったCanon Rd.よりもPalomar Airport Rd.のほうが近い場所にあります。


先ほどの入口は2Fに相当するフロアとなり、この部屋は最上階の3Fとなります。
しかし、エレベーターがないため階段のみとなります。
私たちがラスベガスから運んできた大荷物はフロントマンがベル代わりとなり、
途中までカートを使って運び、階段からはすべて手作業で荷物を部屋まで運んで下さりました。
自力で持ち上げるのは本当に無理なくらいの荷物の量でしたので本当に本当に助かりました。

それでは室内です。

洗面所です。
HGVCのアメニティに加え、Make Upと書かれたタオルもありました。
このようなやり方だと掃除をしたかどうか、とてもわかりやすいと思います。


ベッドルームです。
タオルで作られた花が飾られていました。


ダイニングエリアです。


リビングエリアです。

ここからはキッチンエリアです。

フルサイズキッチンです。
ガスではなく電気コンロ、ラスベガスのHGVCと同じ仕様です。


ミキサーとトースターです。


食器類です。


コーヒーやココアです。

こちらのリゾートの室内には洗濯機がありません。
洗濯は2Fにある共用のランドリールームを使うことになります。
洗濯洗剤はハウスキーピングに電話すれば持ってきてくれます。
・・・というよりも、
HGVC at MarBrisaはほぼ毎日のように
夕方あたりにスタッフによる家庭訪問のようなものがあります(笑)
各種洗剤、アメニティ、コーヒー類など不足しているものを補充するためのバスケットを持って訪ねてきてくれます。
特に食洗機用洗剤と洗濯用洗剤、コーヒーが不足しがちなので助かるサービスでした。

滞在初日の夕日です。

太平洋に沈む夕日を部屋のテラスから眺めることが出来ました。
オーシャンビューなのも1Bed Room Plusだからこそ叶った景色です。
時期にもよるのかもしれませんが、
この部屋からはなんと朝日まで見ることが出来ました。

確実に時間を忘れてゆったりとできるリゾートです。
メチャクチャ良い場所をまたひとつ見つけてしまったようです。

皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。