LA 地下鉄 パーシングスクエアより


LAダウンタウンにあるパーシングスクエア駅より
レッドラインに乗車してきました。
Tapカードのチャージ方法なども掲載してみました。

券売機です。
IMG_6879a
昔は紙のチケットでしたが、
今はTapカードという非接触型のICカードが1人1枚必要です。
そして、昔との大きな違いは改札が出来たことです。
チェックポイント無しで乗車出来たのが、
今ではTapカードをタップする場所が出来ました。

それでは、Tapカードの追加方法です。

まずは何をしたいのかを選択します。
IMG_6866a
私の場合は料金を追加したいので『G』を押します。
Tapカード未所有の場合は左に書かれている『Tap Card+Fare』の横にあるボタンを押し、
Tapカードの購入と乗車料金の合計金額を支払います。

チャージの場合はTapカードをかざします。
IMG_6868a

次に何をしたいのかを選びます。
IMG_6870a
ここでは追加の料金を支払う『Add Metro Fare』のボタンを押します。
つぎにどの料金を支払いたいのかを選択します。
IMG_6871a
今回は1日券を買うので『Metro Day Pass』を選びます。
この他にも1回券、1か月券などの選択肢があります。

さあ、支払います。
IMG_6872a
1日券は地下鉄とバス共通で5ドルです。
クレジットカード、デビットカード、現金のいずれかで支払います。

こちらは夫が現金で支払っている図です。
IMG_6874a
旅の終盤なので手持ちの小銭を減らそうと努力しているようです。
・・・しかし!
券売機が受け付ける小銭の枚数には限度があるみたいで
途中から受け取り拒否されていました(笑)
こういった場合は先に小銭、後から紙幣を入れることで最小限のお釣りが出てきます。
(自販機からお釣りが出るようになったとは…さすが21世紀!)

パーシングスクエア駅のホームです。
IMG_6880a IMG_6882a
バスの路線図をチェックしましょう。
IMG_6884a
これだけ書かれていれば大抵の場所へは迷わず行けます。
スマホで撮影して持ち歩けば途中で計画を練り直すことも出来ます。

これがレッドラインです。
IMG_6887a
・・・のハズが、実はパープルラインです(汗)

レッドラインとパープルラインは
Wilshire/Vermontまで同じ路線やホームを使っていて、
しかも車体までが同じなので、かなりの率で間違ってしまいます。
車体に表示されている電光掲示板などを確認するか、
私のように乗車してからアナウンスで気付くか、それとも・・・。

車内の様子です。
IMG_6888a
この日はなぜか一旦、全員が途中駅で降ろされてサービス終了。
…とアナウンスが流れ、しばらくすると同じ車体で運行再開。
パープルラインに乗車したため、途中で乗り換えたり、
何だか良く分からないうちに到着!
ここに着きました、ハリウッドです!
IMG_6896a
下車した駅名はHollywood/Highlandです。

皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。