フリーウェイ」タグアーカイブ

LAX ロサンゼルス国際空港へ


※2014年12月〜2015年1月の旅行記です。

LAX ロサンゼルス国際空港へ。
いよいよ旅の終わりに近づいてきました。

続きを読む

ラスベガスからロサンゼルスへ!その1


※2014年12月〜2015年1月の旅行記です。

ラスベガス最終日は体調を崩して1日中眠り続け、
頭がボーッとしている中、HGVCをチェックアウト。
一路、ロサンゼルスに向けて移動することになりました。

続きを読む

アメリカ4日目 サンディエゴからユッカバレーへ その2


※2014年12月〜2015年1月の旅行記です。

さて、アメリカ4日目は初めての街を目指します!
目的地はYucca Valley(ユッカバレー)です。

続きを読む

アメリカ4日目 サンディエゴからユッカバレーへ その1


※2014年12月〜2015年1月の旅行記です。

アメリカ4日目はサンディエゴとお別れし、
一路、同じくカリフォルニア州のユッカバレーに向かってドライブ開始です!
続きを読む

一路?べガスへ


途中で1泊立ち寄ったBarstowから一路、ラスベガスへ向けて出発です。
続きを読む

Barstow Stationに立ち寄ってきました。


Barstow Stationという
ちょっとした休憩が出来たり、お土産を購入出来るスポットに立ち寄りました。
(注意:駅ではありません!)

場所はこちら!

大きな地図で見る
IMG_2379a
I-40というニードルズへ続く道への途中にあり、
I-15 Northへの入口近くで便利な場所にあります。

こちらは裏側です。
IMG_2380a
バスなどの大型車用の駐車場からはこちらからのアクセスになります。

店内です。
IMG_2391a IMG_2395a
ダンキンドーナツやパンダエキスプレスがありますね。

キャンディーショップ、チョコレートショップです。
IMG_2397a IMG_2398a
甘いものも沢山あります。

チョコレートショップ、パンダエキスプレスです。
IMG_2403a IMG_2405a
美味しそうなものがずらりと並んでいますね。

ミネラルウォーターは氷で冷たく冷やされています。
IMG_2408a
1ガロンボトルも500mlなどと同じ扱い…さすがアメリカです。

クリスマス用のCandy caneです。
IMG_2410a
スマホ用ゲームでおなじみのAngry Birdsです!
可愛らしいですね。

サンドウィッチ屋さんです。
IMG_2412a
軽食の種類がとても多いです。

なにかの自動販売機です。
IMG_2420a
ロトくじの自動販売機ですね。
買い方がよくわかりませんが、自販機を見たのは初めてです。

このBarstow Stationという場所ですが、
ロサンゼルス〜ラスベガスなどの長距離バスの多くが休憩場所として利用するポイントなのです。
以前、中華系長距離バスを利用した際に休憩場所として利用したことがありますが、
隣にはグレイハウンド(アメリカ国内の長距離バス)の休憩場所でもありました。
他にもグランドキャニオンへのバスが休憩している様子もみられました。

立ち寄った理由はこちら!
IMG_7380a IMG_7381a
戦利品です。
出発前に『現地でしか入手できないものでルート66関連商品』を頼まれたこともあり、
今回は看板を2種類、こちらの売店で購入してきました。

さて、そろそろべガスに向けて出発です!

Amtrak Barstow Stationでサウスウエストチーフ号


アムトラックのバーストゥ駅へ行ってきました。

場所はこちら!

大きな地図で見る
当初は宿泊先より歩けるかも!と思っていましたが、
いざ、行ってみると徒歩ではとても無理な距離と道のりでした。
車があって本当にヨカッタです。

さあ、到着しました。
IMG_2328a
・・・とはいえ、
夜9時台の真っ暗な中で建物名が表記されている部分が見えず、
少し怖かったのですが、近くに停車していた車の中の方にバーストゥ駅なのかを確認しました。
(本来は絶対にオススメ出来ない方法です。)
とりあえず、場所は合っているようでしたので
さっそく駅のホームへ行ってみることにしました。
ちなみにアムトラックの駅のホームへは改札はなく、ここは無人駅でもあり、入場自由です。

夜の駅は何とも寂しいものがあります。
サンディエゴに引き続き、列車に乗るのではなく、
サウスウエストチーフ号というロサンゼルスとシカゴを結ぶ列車を見にきました。

駅舎です。
IMG_2331a
駅にはウェスタンアメリカ レールロード ミュージアムという
直訳すると西アメリカ鉄道博物館が併設されています。
博物館の営業時間は金曜日〜日曜日の11時〜16時です。

CASA DEL DESIERTO(砂漠の家)と書かれています。
IMG_2332a
周辺は本当に何も無い砂漠に囲まれたバーストゥならではの名前です。

建物の様子です。
IMG_2342a IMG_2343a
列車の到着時間に合わせてやってきたのですが、
かなりの遅れがあるようで、その間に色々見学してみました。

列車を待つ間、1人のアメリカ人に日本語で声を掛けられて非常に驚きました。
建物に到着した際にここが駅なのか確認した方のお父様でした。
息子さんから我々のことを耳にして声をかけて下さったようです。
昔、横浜に住んでいたことが有るとの話で
覚えている日本語の1つである数字のカウンティングを終えたところで
その後は英語に切り替えての会話が始まりました(焦)
息子さんはこれからアリゾナ州のフェニックスへ向かうそうで、
その列車の見送りに駅から25マイルほど離れた自宅から見送りにやってきた…との話でした。
ちょうどクリスマス前でしたので、
プレゼントを誰に贈るのか、何個用意したのか…など、
会話好きのアメリカ人も話題に事欠かないシーズンだったようです。
かなり話し込んでお互いにまだやってこない列車を寒い中、
おおよそ1時間ほど待つことになってしまいました。
始発駅以外ではやはりディレイ(遅延)がよくあるアメリカならではの待ち時間でした。

ようやく列車がやってきました。
サウスウエストチーフ号です。

オール2階建て、コーチ席(普通席)の他に寝台もあるようです。

このバーストゥ駅から乗車したのは
先出の息子さん以外にも4〜5名いました。
IMG_2350a
結局、列車がやってきたのは午後11時くらい。
実はこの列車、グランドキャニオンへ行くルートの1つでもあり、
アリゾナ州のフラッグスタッフ駅やウィリアムズ駅まで乗車し、
その後、バスやグランドキャニオン鉄道を経て
グランドキャニオンまで行くことも出来るそうです。
途中駅から乗車するとディレイの可能性も高いので、
もし、利用する機会があれば始発駅のロサンゼルスから乗車してみたいですね。