レンタカー返却〜帰国へ


※2017年12月〜2018年1月の旅行記です。

サンディエゴでの楽しい時間はお終いです。
そろそろ帰らなければなりません。


車に荷物をすべて運び入れるのはとても大変でしたが、
なんとかすべてを積み込んで出発です。
このタグはもう用済みです。
ハンプトンインの住み心地はとても快適でした!

ハンプトンインから車で10分少々で着いた先は
サンディエゴ空港のレンタカーセンターです。

Ford Edge(フォード エッジ)にお世話になるのは今回で2度目、
ラスベガスでお正月明けにToyota 4Runnnerからの乗り換えとなりました。
Edgeは乗り心地が良く、とても快適な旅を続けることが出来ました。


手前に見えるスーツケース3個で1人分の荷物です。
大きいものは機内預けにし、小さなスーツケースと大きめのハンドバッグで搭乗します。
夫はスーツケース大小を各1個+キャスター付きのクーラーケースで帰国です。
ドライアイスさえ使わなければクーラーケース(ハードタイプ)は機内で預かってもらえます。


レンタカーセンターの階層はこちらです。
今回、エイビスレンタカーでしたので3階が返却場所でした。
以前は空港周辺に点在していたレンタカー会社も
ラスベガスマッカラン国際空港同様にレンタカーセンターというビルにすべてが纏まったので
利用する側にとってはかなり便利になりました。

レンタカーセンターから空港まではシャトルバスで20分近くも・・・。

こちらがターミナル2のバゲージクレームです。
このような景色を見ながらJALのカウンターへ。

JALのカウンターはすでに長蛇の列でしたが、
JAL Club-A Goldというクレジットカードを利用しているので、
私たちはビジネスクラスでのチェックインとなりました。
通常の列は何十人も待っていて大変な様子でしたが、
ビジネスクラスのカウンターは1〜2人程度しか並んでいませんでした。
チェックインのときにClub-Aカードの効力が最大に発揮されることを痛感します。

サンディエゴ空港の保安検査は靴まで脱ぐタイプで全身スキャンです。
保安検査場でもかなりの列が出来ていてとにかくゲートへ向かうまでかなりの時間を要しました。


窓の向こうには・・・アラスカ航空とJALが見えました!
アラスカ航空のデザインが刷新されたことでちょっと垢抜けてしまった感が・・・。


こちらが帰国便のB-787です!
これから12時間かけて日本まで頑張って飛んでもらいます。


こちらはビーグル犬のバディです。
空港で待っている人々の緊張をほぐすためのコンパニオン犬です。
この子のお仕事はみんなに挨拶して撫でてもらったりすることです。
私のところにもやってきたので日本で待っている3匹の我が家の犬についても少し話したりしました。
どの空港でもこのようなコンパニオン犬がいれば
みんなが楽しく出発を待てるかもしれない・・・って思いました。
私などは高い場所が大嫌いで大の苦手なので非常に嬉しいサービスでした。


さて、今回はこのお土産と一緒に帰国です。
これから12時間のフライト・・・めちゃくちゃ退屈です!!!

PVアクセスランキング にほんブログ村
フェイスブックページにはブログで書ききれない情報まで掲載中!




ブログランキングへ応援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
最後までお読みいただきありがとうございました。