ニューヨークに行きたい理由(ワケ)

ニューヨークに少しは興味があったものの、
日本からの距離、飛行時間などを考えると、
西海岸でさえ遠いと感じるのですから、
とても遠い場所としか認識出来ませんでした。
しかし、ここ数年、
回数を重ねる毎に西海岸までの飛行時間が
ほんの少しずつ短くなって来たと感じています。
(物理的ではなく、感覚的に)
単なる慣れの問題かもしれません。
ニューヨークに興味を持ち出したのは
おそらく2000年頃に中継された
ロックフェラーセンターにクリスマスツリーの点灯式です。
この点灯式でサックス奏者のKenny Gが演奏していたのを
テレビの前で見ていたのですが、
10年以上経った今でも印象に残っています。
もちろんツリーも有名ですから自分の目でその場を見てみたい…と。
他に影響されたことは、
MTVのリアリティドラマ『The City』という
ニューヨークを舞台にした番組です。
登場人物も、仕事場も、レストランも、
すべて実在することをドラマとして綴った内容です。
日本ではシーズン1しか放送されていませんが、
アメリカではシーズン2まで放送されているドラマです。
他にもHBOの『Sex And The City』という古くからあるドラマ。
こちらにも少しは影響されています。
最近ではFOXのGLEEという学園モノの音楽系ドラマでも
最終回あたりの舞台がニューヨークという設定で、
ミュージカル『Wicked』などのステージなども登場しています。
これらの要素が少しずつ合わさって、
色々な知識が少しずつ増えていったことが
ニューヨークへ行っても良いかと思えた理由だと思います。
また、この10数年はずっと西海岸方面ばかりを旅していたりと
リピーターとしての安定した内容の旅が多かったので、
今回のニューヨーク行きは新しい発見と
経験したことのない何かが待っているのだと。。
前回までのガイドブック要らず、ナビ要らずな旅から一変、
地球の歩き方、るるぶなどのガイドブックやインターネットを駆使して、
情報を集めたりするのが少し大変なような楽しい作業です。
世界経済の中心がどのような場所で、
西海岸に無いどんなものがあるのか楽しみです。
特に、美味しいロブスターやスモークサーモンに
出会えることに期待してみたいと思います。