2011-12 アメリカ旅行 vol.10 マンハッタン3日目前半



2011-12 アメリカ旅行 vol.10 マンハッタン3日目
マンハッタン3日目もホテルで朝食を済ませた後、
地下鉄に乗車し、チェルシーマーケットまで行ってきました。

DSC_0001 DSC_0006

ヒルトンガーデンインタイムズスクエアからは
徒歩ですぐの場所にある50th st.駅が1番近いです。

地下鉄の駅は少し薄暗く、あまり治安が良いとは言い切れませんが、
日中に利用する分には問題ないと思います。
DSC_0012 DSC_0017
ちなみに車内につり革はなく、金属の手すりがあるのみです。

DSC_0031
アパートのような建物ではクリスマスの飾り付けがありました。
まるでお正月のしめ縄のようですね。

DSC_0047
ミートパッキングエリアにあるチェルシーマーケットです。
『Meat Packing』という名前の通り、
ここは昔、食肉工場があった倉庫街なのです。
今はオシャレな街へと変貌を遂げていて
後述のブランドショップなどもこのエリアにあります。
チェルシーマーケット内ですが、沢山の店舗が入っており、
少しだけ買物を済ませた後、軽い昼食を取る事にしました。

DSC_0093
ザ・ロブスタープレイスというお店です。
お店で購入したロブスターをその場で蒸して食べさせてくれます。

ロブスターの買い方は、
・ロブスター売場で好みの大きさ、もしくはお気に入りのロブスターを好きな数選ぶ。
・ロブスター売場の店員さんに蒸して欲しいとお願いする。
・「〇分待ってね(蒸し上げる時間)」との言葉と一緒に紙を受け取る。
・受け取った紙を持ってレジで支払いをする。
・指定の時間になったらレジでもらったレシートを見せてロブスターを受け取る。
・ロブスタープレイスの店内やチェルシーマーケット内の好きな場所で食べる。

DSC_0127 DSC_0134 DSC_0138
蒸したてロブスターです!!
店内ではお寿司等も販売されているため、フォークやスプーンの他にお箸が用意されています。
レストランなどで扱われている高級食材を
手頃な価格でいただけたのは嬉しかったですし、
ロブスターと一緒に購入したロブスタービスク(スープ)も美味しかったです。

この後、チェルシーマーケットを出てから
周辺を散策していると、
偶然にも見つけてしまいました。

DSC_0161 DSC_0154 DSC_0157
Diane von Furstenbergです。
略してDVFと呼ばれる高級ブランド店です。
MTVのThe hillsというドラマのスピンオフになった
The Cityというドラマで主人公(Whitney Port)が働いていた場所です。
せっかくここまでやってきたのだから…ということで
私も突撃してみることにしました。

ラップドレスで有名なお店なのですが、
洋服以外にも雑貨の取扱いがあり、
今回はラップトップケース(ノートパソコンケース)を購入しました。

かなり興奮気味で買物を済ませ、
次に地下鉄で向かった先は
9.11のテロの現場『グラウンドゼロ』です。
ワールドトレードセンター前で下車し、
地上に出るとすぐにわかりました。

DSC_0180
依然として工事中でいつまでかかるやら分からないようですが、
この建物も以前のツインタワーと同じように
日本人建築家が携わっているとのことです。

そして、WTC跡地の向かいにある
トリニティ教会セントポール教会へ足を運んでみることにしました。
教会の建物までの経路には墓石が無数にあり、
こういった経験が初めてな私にとってはやや気が重いというか、
何ともいえない心境になる場所でした。
教会内には9.11のテロの際にこの教会で行われた救援活動の様子が
パネル展示してありました。
テロのとき、私は自室でそれをテレビで見ていて
大変ショックを受けたことだけは記憶しています。
ここではそれらをさらに身を持って知るということになりました。
WTC跡地がガイドブックに記述されていることが多いのですが、
私個人としては、多くの方々が亡くなられた場所が名所となることに
強い違和感を持ちましたし、
興味本位だけで立ち入るような場所ではないと実感しました。
DSC_0184
教会での演奏会が終わったところでした。

そんなわけで、マンハッタン3日目の前半はここまでです。
後半の旅行記については、また次回ということで…。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。