JL61→JL3007 にて帰国



ロサンゼルス国際空港からJL61便および
成田空港からJL3007便にて帰国しました。
今回の機材は2便ともB777-300です。

まず、JL61は4クラスの設定で、
前方よりNew JAL Suiteと呼ばれるファーストクラス、
次にJAL Sky Suiteと呼ばれるビジネスクラス、
その次にJAL Sky Premiumと呼ばれるプレミアムエコノミークラス、
最後にJAL Sky Widerと呼ばれるエコノミークラスとなります。

残念ながら今回もエコノミークラスでの帰国でしたが、
Sky Widerの居心地の良さというか、
これまでのエコノミークラスと比べると遥かに快適さが増したように感じました!
シートピッチはもちろん、左右もゆとりがあるシートに変わり、
シート前方の小物入れやスマホ充電用USBなど
細かい部分で快適になったように思いました。
パーソナルモニターのリモコンの収納場所も肘掛け側面から画面下へ変更されたので、
着席時などにお尻で誤操作する心配も無くなりました。
前方のファーストクラスとビジネスクラスは個室のようなシートで
フルフラットで眠ることの出来る環境が羨ましくもありました。
今回の搭乗では搭乗中のほとんどの時間、パーソナルモニターのプログラムを楽しみました。
数年前に比べるとコンテンツが遥かに多く増えていることと
画像が美しかったことが素晴らしかったです。
テレビ番組(録画)がいくつかあったのですが、
お手洗いなどで立ち歩いた際に多くの人がアメトークや黄金伝説などを見ているようでした。
アメトークなどはあと4〜5本くらいあれば
10時間超のフライトがさらに快適かも…と、個人的にはもっと増やして欲しかったです。

次に搭乗したJL3007も4クラス設定の機材で搭乗客は2クラス設定でした。
この日は旧機材だったので、ファーストクラスはソロシート、
ビジネスクラスはシェルタイプの電動マッサージ機能付き。
ちなみにファーストクラス、ビジネスクラスはクラスJ扱い、
プレミアムエコノミー、エコノミーは普通席扱いとなります。
私がJL3007に乗るときは帰国直後となるので、
ぐったりと疲れていてほとんど眠ったままの移動です。

今回の旅、
B787で向かったサンディエゴに始まり、
ラスベガス、ロサンゼルスと約3週間の滞在で、
とてもゆったりと過ごせましたが、
あまりにもラスベガスでの滞在が長過ぎて
サンディエゴやロサンゼルスでの時間が物足りなかったように感じました。
次の計画は未定ですが、
また気が向いた時に遊びに行ってみたいと思います。

では!


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。