Harrah’s Laughlinを予約してみました!



前回のアメリカ旅行に引き続き、
アリゾナ州との州境にあるラフリンを目指すことにしました!

Harrah’s LaughlinはTotal Rewardsの公式サイトからログインして予約しました。
シーザース系のカジノTotal Rewards会員なら誰でもログイン、ホテル予約が出来ます。

我が家の場合は私の名前でログインし、
ホテルの予約をしてレートが出た時点で右上に表示される『Companion』をクリックして
夫の会員番号と郵便番号を入力し、2人分まとめてのレートを表示させます。

すると・・・
20150817_053
今回も平日の予定なので部屋代はどのタイプでも無料!でした(笑)

前回の滞在ではモーテルなどに連泊していたこともあり、
ハラースラフリンに宿泊したときは別世界のような
カジノホテルならではの居心地の良さを痛感しました。
それに、客室からはコロラド川の朝日や夕景などを眺めたり、
ホテルの専用ビーチ(とはいえ川にある砂浜)では水鳥が楽しめたり、
川を渡った対岸のアリゾナ州に行けば1時間の時差が生じたり、
のんびりとしながらも楽しかった印象があります。

ただ、前回と今回の大きな違いが発生してしまいました!
ラフリンでもラスベガスの悪しき習慣『リゾートフィー』が誕生してしまったみたいです。
・・・とはいえ、
ハラースラフリンのリゾートフィーは諸税込みで1泊あたり$8.40と可愛いものです。
このリゾートフィーに含まれるものは、
Basic Wi-Fi for two devices
All local calls
Beach access
です。
つまり、
デバイス2つ分用のWi-Fi料金、
ローカル電話代、
ビーチへのアクセス料金
だそうです。
ビーチってそもそも有料でしたっけ?という感じですが、
Wi-Fiが使えるなら良いかなーと思います。

ラスベガスはとても刺激的な街なのですが、
ゆったりとしたいときはラフリンでも十分だなーと思います。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。