IN-N-OUT Burgerでディナー。

※2017年12月〜2018年1月の旅行記です。
アメリカ旅行最後の夜は・・・IN-N-OUT(インナナウ)でした。

場所はこちら!

我が家がサンディエゴでよく利用するIn-n-outは
スポーツアリーナとローズクランズの鋭角の交差点にあるIn-n-outです。

夜でもドライブスルーが激混みだったので、
持ち帰りですが店内で注文することにしました。

2018年1月のサンディエゴのIn-n-outの価格表です。
場所によっては価格が違うようですが、
こちらのお店は比較的良心的な価格なのではないでしょうか。

通販の宣伝です。
日本への発送はたぶん、難しいと思いますので、
LAのI-10沿いにあるIn-n-outや
ラスベガスのTropicana Ave.のI-15より西にあるIn-n-outにある
リテールストアで購入したほうが確実です。
ちなみにステッカーなら無料でどのお店でも配布されているはずです。

左から2人目の方の仕事、わかりますか?
In-n-out名物のフレッシュポテトをこれから切るところです。
In-n-outのポテトはすべてお店で手切りしたものが使われています。
すべての食材で冷凍食品を使わないのがポリシーのお店なので
このように店内のキッチンまで見えるようにしているのかもしれませんね。

もうそろそろ、カスタマイズしたバーガーの完成です!
ということで・・・
実は待ちきれなくて商品を受け取ってすぐに
ポテトを車内で少し食べてしまいました(笑)

少しポテトをつまみ食いした後、ホテルまで無事に持ち帰ることができました!

奥に見えるのは夫発注分のダブルダブル(だったと思います)です。
お肉2枚+チーズ2枚・・・のはずです。
手前に見えるのはダブルミート+エクストラトーストです。
お肉2枚+チーズなし+バンズの焼きを追加です。
どちらもとても美味しかったですし、
この記事を書いている間もまたお店に行きたくなりました。
次の渡米が待ちきれません。
In-n-outではかなりの公式裏メニューがありますが、
それ以外のカスタマイズも大歓迎なのが嬉しいです。
勇気がなくて注文できませんが、
裏メニューの1つにFLYING DUTCHMANという
バンズなし、野菜なしのパティ+チーズのみといった超斬新なものもあります。
前回はポテトをWell-doneにしたところ
ポテトスナックっぽい仕上がりでがっかりしたので
今回はポテトのカスタマイズは無しです。
食後はプールへ!と言いたいところですが、
翌朝への荷物のパッキングなどまったくできていないので
プールへ遊びに行くこともなく
まじめに(?)荷造りして眠ることに・・・。