アメリカのレンタカーでCarplayを使ってみました!



※このページは2018年11月〜12月のアメリカ旅行記です。

AppleのiPhoneのアプリを車に連携させることができるなんて!
といったことを書きたいと思います。

今回の旅で使っているレンタカーの契約時にはカーナビ無しのプランを選択していたので、
車載ナビゲーション機能が使えないという前提のもとで車を利用していました。

ところが、ラジオ操作などでふと画面を見ると『APPS』という文字があるのでとりあえず押してみました。

画面の右側にあるボタンの1番上がAPPSです。
押してみると、乗車中に使えるアプリのアイコンが表示されました。

・・・ということは!


Google Mapsをカーナビとして使えるようになりました!!!
さあ、Flamingo Rd.を東へ向かいましょう!

たまたま、iPhoneの充電をするために
ディズプレイ付近についているUSB端子とiPhoneをケーブルで繋いで
APPSボタンを押したらこうなった・・・ということです。
きっとまだまだ車種が限られているのでしょうが、
近い将来にはカーナビに代わって便利なiPhoneの使い方となるかと思います。
このような車種に当たればカーナビ代金不要でカーナビ付きの車を使えるということになります。


もっともっとFlamingo Rd.を走り続けます。

さあ、目的地に到着しました!

ということで、Ethel Mのチョコレート工場まで迷うことなくたどり着くことができました。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。