jetBlueの予約を変更してみました


JAL SKY WIDER JAL SKY PREMIUM

アメリカのローコストキャリア(LCC)の1つである
ジェットブルー航空の予約を変更してみました。
今回の予約変更の理由は、
ラスベガスでのエンターテインメント情報を調べていくうちに
どうしても行きたいコンサート情報が見つかってしまったということです。
そういう理由(ワケ)で
先日予約してあった便を次の方法で変更してみました。
jetBlue公式サイト
Jetblue表紙
jetBlue 予約管理画面
Jetblue管理画面
まず、jetBlueの公式サイトを訪問します。
次に、予約管理画面で予約時に発行された予約番号と名字を入力すると、
予約内容が記載されたページが表示されます。
表示された内容のうち、
どの便をどのように変更(変更もしくはキャンセル)をしたいのかを選びます。
私の場合は便の時間変更が希望だったので、
最初は『Change this flight』で希望便を選び、
支払い画面まで難なく辿り着きました。
しかし、変更手数料や新しい便への追加料金が予想外の価格だったので、
どうにかならないかと一旦保留して、色々と試してみました。
次にやってみたのは、
『Change Entire Itinerary』をクリックしてみました。
券種としては往復でも片道でもなくオープンジョーと呼ばれるものなので、
この『Change this flight』では予め指定された組み合わせから選ぶことになりました。
こちらの画面から支払い画面まで辿り着くと
『Change this flight』と比べて遥かに安価になりました。
とはいえ、
予約の変更手数料は1人あたり$100と痛いものでした。
円高の今だからこそためらうことなく選べたと思います。
日本在住者の場合の支払いはカード払いが原則です。
ちなみにjetBlueのサイトは英語もしくはスペイン語のみ対応です。
予約に必要な英語がある程度分かれば問題なく予約出来ます。
…とはいえ、
予約時にキャンセルや変更に係る手数料を見落としていたのも私の落ち度でありました。
飛行機やホテルの予約を終えた今でも
まだ予定がFIXにならないことはよくありがちなことで
こういったことが可能なのが個人手配による旅の醍醐味でもあると思います。
旅への興味とそれに必要な行動力、自己解決力の度合いによって
添乗員付ツアー、フリープランツアー、
個人手配+現地係員対応、完全な個人手配など
自分に合う方法を選んでみると良いと思います。

アメリカ・ハワイSIM lycamobile 30日LTE4GB 米国内通話・SMS無制限コミコミパック+YM SIMピンセット (日本語オリジナルマニュアル付)
皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
いつもお読み下さいましてありがとうございます。