関空旅博2016に行ってきました その2



お次は我が家的なメインイベントである
ラスベガスセミナーへ参加してきました!

・・・と、その前に
1時間足らずの休憩時間を利用して
関空の第1ターミナル2Fにできた『鶏三和』に行ってきました。
名古屋コーチンの親子丼をいただけるお店です。
20160605_014a
ということで、
私は親子丼ではなく、鶏カツ丼です。
前日よりカツ丼欲が強すぎてイレギュラー的な発注をしてしまいました(汗)
混み合っている中でキッチンの方が少なかったのか
ずいぶんと待たされてしまったような感じでセミナーに遅刻しないかとヒヤヒヤでした。
ちなみに鶏三和は鶏肉専門店としてデパ地下でも気軽に購入できるお店です。
私はJR大阪駅の三越伊勢丹の鶏三和でちょこちょこっと買物しています。

・・・と、話が逸れてしまいました(汗)

さあ、いよいよラスベガスのセミナーです!
20160605_054a
今回もステッカーとラスベガスのホテルや過ごし方のパンフレットをいただきました。
セミナーの内容ですが、
ラスベガス観光局の方は
「いかにカジノ以外の話題でこのセミナーをやり遂げるか!」
というようなことを話しておられました(笑)
実際にカジノの話は本当にありませんでした。

観光局の方と同じ話題になりますが、
ラスベガス=カジノという偏見がまだまだたくさん見られます。
実際にはカジノ以外のアクティビティもたくさんあるのがラスベガスという街です。

ラスベガスにおける日中のアクティビティとしては
ホテルのスパやプールなどでリゾート気分を味わうことを提唱されていました。
マンダレイベイなどはビーチがありますし、
ゴージャスな雰囲気だったらベラージオかシーザースパレスが良いと思います。

ゴルフがお好きな方だと
安いゴルフ場からPGAツアーで使われるゴルフ場まで
幅広くカバーできるのがラスベガスです。

周辺のアクティビティで手軽なのは
車で30分で行けてしまうレッドロックキャニオン。
シーニックドライブからトレッキング、クライミングまで
自分の好きなように楽しめます。
片道2〜3時間もあればザイオンやデスバレーまでも行けてしまう場所です。

ラスベガスは買物天国としても知られていて
他の都市なら各ブランドより煙たがられて郊外にありがちなアウトレットモールも
街の中心部から車でわずか10分くらいの場所にあるのも良い点です。
私の経験する限りでは
Ross dress for lessなどのアウトレット以下の価格帯のお店でも
DKNYなどブランドの洋服やNINE WESTやトミーヒルフィガーなどのバッグが
破格の値段で販売されていて
そういったお店も街の中心部の徒歩圏内にいくつかあります。

宿泊料金について、
ラスベガスのホテルはサンフランシスコやニューヨークとは異なり、
オーランドと1〜2番を争うほどの宿泊費の安い街とも紹介されていました。
1万円程度でスイートルームに泊まれるのもラスベガスの良さです。
学生なら1人2000円もあれば普通のホテルに泊まることができます。
ただし、コンベンションの時期だけはどうしても宿泊料金が高騰しますが、
閑散期ならグッと費用を抑えた旅行をできます。
我が家がHGVCを所有できるのも
ラスベガスの物件がハワイやオーランドにくらべて非常に安価だからです。
HGVCのリゾートを持つことで
ラスベガスでの滞在時には
最低でもキチネット付きのスタジオルームで過ごせますし、
ポイントに余裕があればスイートルームに1週間以上滞在することもあります。
ちなみに次の旅では
HGVC Elaraのジュニアスイートを初体験する予定です。

話を戻しますが、
夜は夜でシルクドソレイユのレジデントショー(常設ショー)や
大物アーティストによるコンサートなど毎晩賑やかです。
常設ショーで今、人気を二分(にぶん)しているのは
ベラージオの『O(オゥ)』とマンダレイベイの『マイケルジャクソン One(ワン)』とのことでした。
ベラージオの『O』は幕の開き方から最後の幕の閉じ方まで
1つ1つの表現と舞台装置が本当に素晴らしいと思います。
ちなみに我が家がラスベガスに行くきっかけとなったのが『O』です。
これを知らなければロサンゼルスばかりを楽しむ一家だったと思います。
マンダレイベイの『マイケルジャクソン One』は
『O』と同様にTix 4 Tonight(割引チケット屋)に出てこないほどの人気っぷりだそうです。

ショーの他にもナイトクラブの発達が著しく、
以前、バーバリーコーストやビルズと呼ばれていた場所にできた
クロムウェルというホテルなどでは毎晩DJを呼んでイベントが開催されているそうです。
他にもナイトクラブで有名なのは
シーザースパレスやベラージオ、ウィン、ミラージなどではないでしょうか。
カーダシアンファミリーやNEYO、ジャスティンティンバーレイクなど、
以前、旅行に行ったときにニアミスしたことがあります。
ラスベガスは有名人が身近すぎる街なのかもしれません

そんな感じで、
盛りだくさんすぎる内容のままセミナーは終了時間となり、
最後はラスベガスサインの置物を賭けた抽選会で終了となりました。
残念ながら我が家は当選せず・・・。

ちなみに
2年近く前にできたThe Linkにある世界一の40人乗りの観覧車ですが、
あまりにも乗車券の料金が高すぎて($35くらい)
乗る人が少ないために
40人いっぱいに詰め込まれることはありえないとのことでした(笑)

また、以前フロンティアやスターダストといったカジノホテルが
爆破解体された後に何年も更地になっていた場所は
リゾートワールドというカジノホテルが建設されていて
2018〜19年あたりにオープンするかもしれないとのことでした。
(予定はあくまでも予定・・・というのがアメリカ)

今度のベガス旅行、我が家ものんびりリゾート気分を堪能したいと思います。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。