通と楽しむチープなラスベガス3



先日、ヒルトングランドバケーションズクラブ(HGVC)の会員向けの情報誌
Club Travelerのウェブ版の「通と楽しむディープなラスベガス」の取材協力をさせていただきました。
今回は「通と楽しむチープなラスベガス」をこちらのブログに書いてみたいと思います。
(チープ版はHGVCとはまったく関係ありません。)

今回はラスベガスならではのバフェです。
中でも特にお安いバフェをご紹介いたします!

■バフェ編

バフェの利用に際してはAmerican Casino Guideという本を1冊買うことをオススメします。
ちなみにAmazon.comにはすでに2018年版の予約販売を受け付けているようです。
このガイドブックの巻末にはラスベガスを始めとする
全米のカジノのバフェやカフェ、アトラクションなどの割引クーポンが付いています。
ぜひこのクーポンを使ってお出かけください。

私が行ったことがある中でもオススメは以下の4ヶ所です。
Arizona Charlies Decatur(アリゾナチャーリーズ ディケーター)
カジノのプレイヤーズクラブはストラトスフィアと同じACE PLAYというカードが発行されていますので
ストラトスフィアで遊んだことがある方はカード持参で、
初めての方はプレイヤーズクラブで入会無料の会員になってからバフェに出向くと割引価格が適用されます。
この割引価格+American Casino Guideによる2-for-1という2名で1名分料金が適用されてかなりお安くなります。
バフェの種類と味は大衆的、庶民的なので高級ホテルのような内容を期待してはいけません。
しかし、ライブクッキングなどもありChow mein(炒麺)などは好きな具材で作ってもらえます。
バフェでアスパラガスのクリームスープを提供しているのは今の所、ここしか知りません。
サービスも本当に気さくな感じでいかにもローカルカジノにありがちな雰囲気です。
バフェでの食事を終えると向かいに大きなビンゴルームがあるのもローカルらしい風景です。

・Palace Station
American Casino Guideのクーポン+Boarding Pass(カジノの会員カード)の割引でかなりお安いです。
このカジノも大衆的、庶民的な雰囲気でメニューもさほど豪華ではありませんがオススメです。
このバフェでは目の前で直火焼きされたパティで作るハンバーガーが人気です。
チェーン店のバーガーショップへ出向くより安くて美味しいと思いますし、
バフェにある食材でオリジナルバーガーを作ることも簡単に出来ます。
他にもタコスなど庶民的な味が沢山ありました。
私が訪問した際にはなんと日本語が少し通じる店員さんがレジにいて驚きました。

・Red Rock Station
Palace Stationと同じBoarding Passでの割引が適用されるバフェです。
もちろんAmerican Casino Guideを持っていくと半額になります!
Red Rock StationはStation系カジノの中でも高級ホテルのカテゴリーに入ります。
ですので、同じStation系のバフェであってもPalace Stationとは雰囲気も中身もまるで違います!
ブランチに行くと欠かせないのはスモークサーモンです。
クリームチーズと一緒にいただくとかなり幸せになれます。
他にもお寿司や肉類(ロースト系)などが豊富な上にデザートも充実しています。
ストリップの中心部からはバスを乗り継いで1時間半とかなり時間がかかる場所です。
Red Rock Stationの南側に新しくできたDowntown Summerlinでの買物とのコンビネーションで
かなり楽しい時間を過ごせると思います。
宿泊者限定でファッションショーや空港からのシャトルバスを利用できるそうですが、
乗車時にはルームキーの提示が必要とのことです。
ちなみにレンタカー利用でストリップから約30分の距離です。

・Silverton
まずはSilverton Rewards Clubというカジノのプレイヤーズクラブへ出向いて
会員になることと、割引クーポンを提出して専用バウチャーと引き換えなければいけません。
もちろん会員になりますのでAmerican Casino Guideの割引と併用で一般価格より半額以下になります!
こちらのバフェは山小屋風という雰囲気で温かみのあるデザインです。
ホテル内にあるBass Pro Shopというアウトドア専門店も関係しているかもしれませんね。
料理の内容は超豪華ということではありませんので
カニ、カキなどの高級食材への期待は禁物ですがエビはあります!
それ以外の肉料理や中華料理、デザートなどはかなり充実していると思います。
中でもライブキッチンで作ってもらえるパスタは超オススメです!
好きなソース+好きな具材+好きなパスタで作ってもらえるひと皿は美味しいです。
Silverton Casinoまでの足は
空港、Aria(シティセンター内)、Grandview(South point casinoの隣)の3ヶ所から
無料シャトルサービスがあります。
レンタカー利用でHGVC Elaraから約15分ですが、公共のバスを乗り継ぐと約1時間掛かります。

いずれのバフェも2名料金で5ドル〜20ドル程度と格安でした。

バフェの他にもAmerican Casino Guideには
・Parisのエッフェル塔 2名で1名分料金
・ベネチアンのマダムタッソー 2名で1名分料金
・Rio All Suiteのバフェ 1名あたり5ドル割引
・プラネットハリウッドのVシアターの公演 2名で1名分料金
・フーターズカジノのレストランフーターズのBuy 10 wings get 10 free(チキンウイング10本の料金で20本)
・グランドキャナルショップの割引クーポン引換券
このような感じのクーポンが山ほど入っています。

まずはカジノのプレイヤーズクラブで無料会員に登録してから
American Casino Guideを片手にバフェに出向けば
ラスベガスでの食費もかなりお安く抑えられるかもしれませんね。

HGVCの会員向け情報誌Club Travelerでは
ゴージャスなラスベガスの紹介がされていますが、
ラスベガスではお金を掛けなくても十分に楽しめます。
自炊を中心に滞在を考えている方ならば
ラスベガスにある4ヶ所のHGVCのリゾートや
空港近くにあるHomewood Suitesなどを利用するのが便利です。
徒歩=レンタカーなしの場合は
HGVC at the Flamingoが1番便利です。
HGVCの施設は空きがあれば非会員でもHilton.comから予約を入れることが出来ますが、
非会員の場合はインターネットや駐車場の料金が加算される場合もありますので予約前に要確認です。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。