サンディエゴ動物園へ! その4



※2017年9月〜10月のアメリカ旅行記です。

サンディエゴ動物園のつづきです。

ようやくお目当ての動物のところへ行けますがその前に・・・

真ん中あたりに・・・カワウソです。
YouTubeなどで観るカワウソよりかなり体格が大きくて驚きました。


グリズリーです。

いよいよ本日のメインイベント!

谷を下りた場所にあるのがこのPanda Trek(パンダトレック)です。
ここから今度は谷を上っていきます。


竹林の中を通るコースを辿ります。


到着!
この日は1頭しかいなかったので係員さんに名前を尋ねたところ
Xiao Liwu(シャオ リゥ)という2012年サンディエゴ生まれのオスのパンダです。
母パンダは見られませんでした。
他にも2頭の兄弟がいたようですがそれぞれが中国へ渡ったようです。


パンダトレックから別のエリアまで橋を渡ってから次はしろくまです。
暑すぎてヘタっている感じです。
この日のサンディエゴの気温は35度くらいでした。


シロクマの近くには水鳥が集まるゾーンがありました。
ものすごく近くでカモなどを観ることができます。


Ring-Necked Duckという水鳥です。
普通のアヒルよりも可愛らしい感じです。

さて、園内を走るバスの最寄りのバス停に向かう途中で・・・

オスのクジャクに会いました。
こちらも放し飼い状態で近くを普通に歩いているものですからこちらもかなり驚きました。


バス停付近にいたスズメです。
めちゃくちゃ接写していますが、動じることもなくスズメの羽に登っている小さな虫まで見えました。
子供達に追い回されることもない環境ですからのんびりおっとりするのも当たり前かもしれません。


植物です。
以前、サンディエゴセミナーを受けた際に
「サンディエゴ動物園は植物の種類が70000種類と豊富で植物園としても有名です」と伺ったように
本当に様々な植物も楽しむことができる動物園でした。


出口付近の土産物店にあるNestle Tollhouseにて。
歩き疲れたらこういう甘いモノが欲しくなるのがわかるなぁ…と思いつつ、
土産物をいくつか購入して帰路へ。

これだけ動物園を周りに回りましたが
実はまだ半分どころかほんの一部しか見ることが出来ませんでした。
また機会を作ってまだ見られていない場所にも足を運べればと思いますが、
サンディエゴといえば今回はあえて外したシーワールドも見逃せないので
何日あっても遊び足りない街だと思いました。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。