デスバレーに行ってきました! その3



※このページは2018年11月〜12月のアメリカ旅行記です。

Mesquite Flat Sand Dunes(メスキート砂丘)での観光を終えて
次の目的地に向かってさらに車を進めることにしました。

今回はデスバレーを観光する中でも重要な・・・ことを書きます。
トイレのことです。

さらに車を進めて行くと・・・

Elevation Sea Level=海抜ゼロメートル地点までやってきました。
ここまで徐々に谷底に向かって降りてきたということです。

到着したのはこちら!

Furnace Creek Visitor Center(ファーニスクリークビジターセンター)です。


デスバレー全体の模型です。
売店ではデスバレーの写真集や書籍などの取り扱いもありました。

ランチを用意して来なかった人たち向けの商品はこちら!

水(1ドル)、ゲータレード(2ドル)、サンドウィッチ(商品により価格が異なる)などが
割と良心的な価格で用意されていました。


クリスピークリームのミニドーナツもありました。

以前、デスバレーにやってきたときに公園内にある小さな建物のトイレを利用したときに
慣れていないこともあって電気もつかない、水洗でもないトイレは流石に怖かったので
今回はファーニスクリークビジターセンターのトイレを利用したくて立ち寄りました。
バレーオブファイヤーのビジターセンターと同じような感じだと思い込んでいたのが間違いでした。
ビジターセンターの建物内のトイレはすべて『Out of Service』。
すべてのドアに施錠されていて使えない状況でした。
仕方なく外に10個ほど並べて設置された仮説トイレを利用しましたが、
日本のものとは少し作りが異なり、座面に座った目の前に男性の小用がある状況でした。
それを知らなかったのでもしかしたら手持ちのバッグがどこかに触れたかも…という不安を抱えたり、
1つ目のトイレが酷すぎて「うそでしょ?」と声に出したのが外に丸聞こえだったり、
なるべくマシな、妥協できる個室を探すのが大変でした。
トイレを済ませたところで今度は仮設トイレ用の手洗い器の水が出なくて困りました。
一応、泡ソープだけは使えたので少し離れた場所にあった建物に設置された水道へ向かって急いで手を洗いに。
駐車場から見て順番に
仮説トイレ、建物の外へ設置された水道、使えないトイレ、ビジターセンターと並んでいます。

もし次、またデスバレーに行くことがあれば
今度は近くのレストランに駆け込むか・・・どうしましょう。
悩んでしまいます。

さらにつづく・・・。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。