2011-12 アメリカ旅行 vol.3 機内にて

2011-12 アメリカ旅行 vol.3 機内にて
ここでも搭乗の20~30分前に安定剤を服用することで
飛行機の揺れに対する不安を和らいでみました。
搭乗から30分程度し、安定飛行に入るとドリンクサービスが行われました。
炭酸飲料の多くは350ml程度の缶とカップ(希望すれば氷入り)を渡されます。
他にはコーヒーや日本茶も用意されていますが、
2年前の搭乗時と変わった点は、日本茶が急須ではなくティーバッグになったことです。
以前は大きな急須でサーブされていたのですが、
今ではティーバッグで少し味気ないです。
しかし、品質の良いものを使っているので美味しいお茶をいただく事が出来ました。
他にもカフェオレが飲みたい時には
「Can I have Coffee with suger and milk?」とお願いすれば
どのくらいの分量なのかを尋ねられるので、
好みで「Half and half ,please.」など伝えてみれば大丈夫です。
そして、搭乗から約2時間後に第1食目が提供されます。
往路はサーモンのペンネ、ビーフシチューの2種類が提供され、
今回、私はサーモンのペンネを選んでみました。
(写真を撮り忘れました。)
いざ、機内で流れている音楽を聴いてみようと
自分で持って来たヘッドフォンを挿したのですが、
どうやら壊れてしまったようで…片耳しか聴こえませんでした。
(その後、ヘッドフォンを購入。)
この旅からはいつも機内で渡されていた緑色のI-94フォームへの記載が不要でした。
渡米に関しては、ESTAという電子渡航認証システムに事前登録の必要があるため、
I-94の記入が不要となりました。
しかし、白い用紙の税関申告書は健在なので、
必要事項を記入して提出することになります。
これらの作業を行い、軽く睡眠を摂りながらも飛行機はどんどんとアメリカに向かっています。
そして、到着1時間半くらい前になると朝食が提供されます。
朝食は全員が同じもので、クロワッサンとデニッシュ、フルーツのプレートです。
この食事を終え、少しゆっくりする頃には陸地が見えてきます。
ついに、アメリカへのゲートウェイであるロサンゼルスに到着です。