David Foster & Friends featuring Jackie Evancho



2011.12.29 Thu
David Foster & Friends featuring Jackie Evancho
という題名のコンサートに行ってきました。
会場はマンダレイベイのイベントセンターです。

David Foster & Friends featuring Jackie Evancho
DSC_0139

まだ小さな女の子、Jackie Evanchoちゃんのプロデュースが
今回のコンサートの主なる目的です。

今回はこのコンサートを観るために、
ニューヨークからラスベガスへの便を夕方→早朝便に変更しました。
Jetblueの変更手数料はおおよそ$100/枚程度であったと思います。
朝6:55の便に登場し、約5時間半のフライトを経てもラスベガスは朝9:42。
寝ぼけながらのフライトでは途中ではミード湖なども眺めることが出来るほど
非常に快適な空の旅を満喫出来ました。
朝早くの到着は、とても余裕のある1日を過ごすことになりました。

マンダレイベイのイベントセンターでのコンサートの場合、
日本からの購入分はすべてWill Callでの扱いのみです。
これはEチケットなどではなく、
予約番号と予約時に使用したクレジットカード、写真入りID(パスポート等)を
チケットカウンターまで持参することになります。
マンダレイベイのアリーナのチケットセンターは
スターバックスを通り過ぎた場所にあります。
事前の予約のため、とてもスムーズにチケットを受け取ることができました。

DSC_0138 DSC_0140

すでに沢山の人が待っています。
DSC_0154
会場はこんな感じ。
前回(2009年5月)のコンサートではステージからもっと離れた場所でしたが、
今回は少し近づいた感じがします。
AMEXやCasino Inviteを利用すればアリーナ席も選べたようですが、
今回は一般予約でのチケット購入です。

Jackie Evanchoちゃん、
本当に歌がとても上手でステキでした。
David Fosterとの会話中は普通の11歳の女の子で可愛らしかったです。

このコンサートは毎回、何らかのサプライズが用意されていて、
前回は近くのホテルでショーを公演した後に駆けつけたのがCherとPaul Anka。
ポール・アンカはマイウェイの替え歌を披露していました。
そして、今回は・・・
アリーナ中央部にスポットが当たったのはKenny G!!
Song Birdを吹きながらいきなりの登場にビックリしました。
David Fosterとの会話中、
Kenny GがCDの即売会を開く…というジョークが出ていたのですが、
まさかそんなことをするハズが無いということで
あっという間にKenny Gの出番終了。

他にも観客席からステージ上に上げられて歌を披露する方々が数名いましたが、
どの方もプロ?と思わしきかなり上手な方々ばかりでした。
コンサート終了後、
ちょっとした列に並んでいた際に私のすぐ前には
コンサートでステージに上がって
素敵な歌を披露した方がいらっしゃいましたので
思わず声を掛けて写真を撮らせてもらいました。
DSC_0165
この方です。
気軽に応じていただけた写真+ハグで
何だかアメリカンな雰囲気に引きずり込まれた感じになりました(笑)

さて、この写真の方と一緒に長蛇の列に並んでいた理由は・・・
DSC_0180
な、なんと!
Kenny GのCD即売会&サイン会です。

コンサート中に冗談で言っていたように思えた言葉は
すべてここに繋がったわけです。
並んでいる間にも、
話しかけたい言葉を頭の中で色々と考えながら、
一生に一度あるかどうかわからないような奇跡的な現場に遭うと、
口から出て来た言葉は「Thank you!」のみでした…orz
次々とサインをしなければいけない状況では
長々とお喋り出来るわけではないので、
ちょっと遠慮してしまいましたが、
偶然とはいえ、2度と経験出来ない場面を味わうことが出来ました。
興奮覚めやらぬこの夜は
深夜まで遊びに遊んで、
最後はMGM Grand近くのデニーズで朝食までいただきました。
いわゆるブレックファストスペシャルなのですが、
そういうものをべガスで食べるのは
だいたい深夜から未明に掛けて・・・不健康な夜でした。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。