JFK Tetminal5(Jetblue)



※2011年 年末のニューヨークーラスベガス旅行の旅行記です。

ニューヨークで最も大きな国際空港
JFK(ジョンFケネディー)国際空港での様子をお届け致します。

アメリカのLCCの1つであるJetblueの発着は
JFKのターミナル5が専用ターミナルとなります。
マンハッタンからは公称45分の距離を
まだ夜も空けぬ早朝にタクシーで約30分で到着。
ニューヨークのタクシーの運転の荒っぽさは最後まで慣れず、
フリーウェイではレースカーに乗った気分で
ホテルを出発してから空港到着時までドキドキハラハラの連続でした。

余裕で出発2時間以上前までに空港に到着し、
自動発券機でこれから搭乗する便のチケットを発券します。
DSC_0008

その後、セキュリティ通過の行列が長々と並ぶこととなりました。
飛行機の旅ではパソコン類は当たり前のようにハンドキャリー必須なので、
手荷物検査の際には機内用キャリーバッグからパソコンケースを取り出し、
さらにパソコンを取り出した後、
コートを脱ぎ、靴を脱ぎ、パスポートと航空券のみを片手に全身スキャナーで検査されます。

JFK T5内の保安区域内は広々。
まずは自分がこれから搭乗する便の
ゲート変更やディレイ、キャンセルが無いかをディスプレイで確認します。
DSC_0013
幸いにもディレイやキャンセルなどの情報はなく、定刻通りの出発です。
ちなみにアメリカの航空会社の場合は
チケットをネットで予約する際に
希望する便がどのくらいの確率でディレイやキャンセルが生じているのかを
〇〇%と数字で示していることが非常に多いので、
次のスケジュールが決まっている場合は
ディレイ、キャンセルの確率が低い便を選ぶことが重要だと思います。

さてさて、
あまりにも早朝にホテルを出たのでお腹が空き、フードコートへ。

フードコートにはサンドウィッチ店、ドーナツ店など
いくつかの店舗とセルフサービスで量り売りのデリが集まっていて一括精算出来ます
今回は注文方法がちょっと面白そうなサンドウィッチ店を利用。
DSC_0020
タッチパネルで注文します。
特に写真やイラストが出てくる仕組みではなく、文字情報だけが表示されますので、
こういう時は食べ物系の英語を覚えておいたほうが便利ですね。
好きなパン、具材を選択します。

DSC_0022
パンの種類は非常に多いですね。
私はその中でも久しぶりに目にした大好物のカイザーロールを選択。
パンはトーストするかしないか聞いてくれますので今回はトーストしました。

DSC_0027
クラムチャウダーです。

ハムのカイザーロールサンドです。
予め半分に切ってくれていました。
量が多かったので、半分だけ空港で、
残り半分は機内に持ち込んでいただきました。
DSC_0043

フードコートの近くには無印良品の店舗も!
まさかのNY進出とは…ビックリしました。
DSC_0047


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。