HGVCにて自炊ディナー



※2014年12月〜2015年1月の旅行記です。

今回はHGVCのリゾートでの過ごし方の1つ『自炊』で
軽く(?)ディナーを作ってみました。

今回も滞在したHGVC on Paradiseというリゾートは
ラスベガスにあるヒルトンのタイムシェアリングリゾートの中で
かなり古い方の建物になります。
・・・が!
レンタカー族にとってはエントランスから駐車場まで徒歩30秒以内の距離は
どのホテルにも、どのリゾートにも無い優れた利便性だと思います!!
少し歩けばラスベガスモノレールもあるので、
MGMグランドなど少し遠い場所へ徒歩移動する際にも実は便利なのです。

今回の滞在もこちらのキッチンをフル活用してみました!
20141227_689a
キッチンの様子です。
調理器具、お皿、カトラリー(お箸は無い!)、グラスなど
一通りのキッチン道具が用意されています。
ただし、お箸やレンゲなどはありませんので必要な分を持参しましょう。

事前に購入しておいたお肉(もちろん牛肉)を調理します。

20141228_298a
1.06ポンドで7.41ドルと安いです!
お肉のグレードは日本のコストコでもよく購入するUSDA Choiceです。
USDA ChoiceとはUSDA Primeに次ぐ上から2番目のグレードです。

さあ、調理しましょう!
20141231_007a
HGVCのキッチンにあるフライパンはクイジナートなのです!
ラジエントヒーターなので加熱までに時間が掛かるのが難点です。
自宅ではIHクッキングヒーターを使っているので感覚がわからず、
前回滞在時には煙モクモクにしてしまって
警報機を鳴らしてしまったこともありました(汗)
なので、今回は慎重に慎重を重ねてフライパンを温めましたので、
煙で部屋の臭いが大変なことになったりすることはありませんでした。

我が家の経験上ではこのクイジナートのステンレスのフライパンを部屋に常備してあるのは
HGVC on Paradiseの1Bed Suite、
HGVC on The Boulevardの1Bed Suite Plus(普通の1Bed Suiteにはなかった! )
以上の2カ所のみです。
(今はもう少し増えているかもしれませんが・・・)
ちなみにHGVC on The Boulevardの1Bed Suiteや
HGVC at The Flamingoの1Bed Suiteは
普通のテフロン加工のフライパンしかありませんでした。

余談ですが、
以前、HGVC on The Boulevardで
このクイジナートのフライパンを使った時の感触がとても良かったので、
帰国後すぐにAmazon.comへ注文しました(笑)
(なぜ現地で買わなかったのだろうか・・・?)

ミディアムウェル〜ウェルダンが好みなので
こんな感じに焼き上げました。
20141231_010a
サイドにあるのは
生食用に買ってきたベイビースピナッチ(ほうれん草)のソテーです。

20141231_011a
白いご飯とヨープレイトを添えて完成です!

食事の際にはダイニングテーブルか大理石のキッチンカウンターを選べるのも
ちょっとした贅沢かもしれません。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。