ラスベガスで大晦日のディナー

※2014年12月〜2015年1月の旅行記です。

Smith CenterでのニューイヤーズコンサートからHGVCへ戻り、
少し遅めの夕食となりました。

・・・とはいえ、
夜遅い時間からラスベガスストリップまで出かけるとしても、
大晦日は非常に危険!
レストランの空席が見つからなかったり、
ファストフードは激混み必至、
移動するにもどのホテルも駐車場は宿泊者限定で閉鎖されているし…。
そんなワケで、自室で軽く作ってみました。

20141228_294a
冷凍ピザです(笑)
同じメーカーならどれでも3枚で5ドルくらいだったと思います。
とにかく激安!
CPK(カリフォルニアピザキッチン)などのブランドではないピザはとにかく安いのです。
自分で生地から作ろうなんて気は絶対に起こりません(笑)

20141231_182a
本日のディナーはこちらのクラシッククラスト ソーセージ&ペパロ二です。
肉々しい1枚です。

20141231_181a
華氏400度で17〜20分ほど焼きます。
ちなみに華氏400度とは摂氏204度のことです。

20141231_251a
20分近く放置して完成です。
日本から持ってきたまな板に乗せています。
ちなみにこのまな板、ラスベガスで購入した竹製のものです(笑)
Ross(dress of less)で激安で販売されていました。
少し歪みが出てしまったので、旅行にお供させてそのまま処分してきました。

20141231_253a
ピザが焼ける時間を使って大晦日ならではのメニューも作ってみました。
カーリーな感じが少し残念ですが、年越し蕎麦です。
旅の序盤でサンディエゴのMitsuwaで買って来たものです。
マルちゃん(東洋水産)の商品でしたが、
アメリカ向けなのか、ちょっと味が今ひとつだったので、
次の機会はあれば日本から何か別のものを持参しようかと思ってみたり…。

20141231_255a
大晦日の年越しディナーの完成です。
炭水化物ばかりでアレですが、
ちょっと風邪をこじらせて凝ったものは作る気力が無かったのです。

夕食を終えたら、そろそろ花火鑑賞の準備です。