ジップロック



ここ数年は飛行機の機内への液体持ち込みがかなり規制されています。
現在は100ml以下の容器に入れたものであれば、
1リットル以下の容量のジップロック(チャック付きプラスチック袋)に入れることで
機内への持ち込みが出来るようになっています。
女性なら基礎化粧品などが必要だと思います。
1番最小限に済ませたい方なら
普段使っている化粧水をコットンに含ませたものを2回分ほど小さなジップロックに入れ、
乳液も同じくコットンに含ませて別のジップロックに入れ、
それらを液体用のジップロックへ収納すれば良いと思います。
最近ではオールインワンと呼ばれる
化粧水、乳液、化粧下地の全てを兼ねたジェル状の化粧品もあるので、
そのジェルを小さな容器に入れて持ち込めば良いでしょうね。
ほかにも
目薬や点鼻薬、コンタクトレンズの保存液、整髪料、香水など
何かと液体のものを持ち込むことになると思います。
それらもすべて1人あたり1リットルのジップロックを1つ分まで
機内に持ち込むことが出来ます。
しかし、ジップロックはさほど丈夫ということではありませんので、
予備用としてあと数枚は用意しておきたいものです。
たとえば、飛行機やバスでの移動中に少しつまみたいお菓子を入れたり、
水に濡らしたくないものを入れたり、
水に濡れたものや汚してしまったものを入れるのに重宝します。
私はキャンディーやチョコレートを入れ、
レンタカーを利用するときなどにもドライブのお供として使ったり、
ホテルのプールで水ぬれさせたくないものをいれておくのに使います。
こうして使っているのですが、
空港で入国審査の列に並んでいる際に
お菓子の匂いに反応して探知犬が私の前で止まったことがあります。
実はこの探知犬はお菓子を探しているのではなく、
肉類の持ち込みをしていないかということようでした。
探知犬を連れた捜査官にキャンディーを差し出し、
肉類が入っていないことを伝えるとOKでした。
旅先でジップロックを探すのは大変でしょうし、
色々と便利に利用出来るものなので、
複数枚準備されてからお出かけになることをおすすめします。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。