ラスベガス The Orleans Medley Buffetでランチを。



※このページは2018年11月〜12月のアメリカ旅行記です。

The Orleans Hotel&Casino(オーリンズ)のランチバフェに行ってきました。

MGM GrandとTropicanaの間にある交差点付近から
Tropicana Ave.を西に10分ほど走った場所にあるのがオーリンズです。

久しぶりにオーリンズのバフェに行ってきました。

Medley Buffetという名前に変わっていました。
バフェの雰囲気もイマドキというか、とても明るい雰囲気になりました。
以前はメニューにあったザリガニなどはこの日は見つかりませんでした。
(特に食べたいわけでもなく、好きなものでもありませんが・・・)


サンクスギビングを過ぎてもこんな感じです。


飾り付けはまだまだサンクスギビングです。


タコスです。
シラントロ(コリアンダー、香菜(シャンツァイ)、パクチー)さえなければ食べられるのですが、どうにも苦手すぎて・・・。
タコス屋さんなどではNo Cilantrosと伝えて入れないようにお願いできるのですが、
バフェでは作り置きなのでそういうわけにはいきませんでした。

ということで、美しくない料理のお皿です。

ピザ、Chow mein、餃子、巻き寿司、お肉など、
空腹を満たすためのアイテムばかりです。


サラダとBBQポークです。
アメリカのバフェだと生マッシュルームや生ほうれん草がたくさん食べられるので
ここぞとばかりにたくさん頂いてきました。


ケーキです。
甘さ控えめではありませんが、激甘というほどでもなく美味しかったです。


Black Tea(ブラックティー)=紅茶です。
どこのバフェでもレモンと蜂蜜が用意されることが多いです。


ホットコーヒー用のハーフ&ハーフです。
私の場合、ホットティー+蜂蜜+ハーフ&ハーフでミルクティーを作っています。
アメリカで紅茶を頼んでもミルクティーというメニューが存在しないので
外食時だとバフェで楽しむ以外は難しいです。
これこそここぞとばかりにミルクティーを思うがままに堪能してきました。
寒い季節にはホットミルクティーが1番です!


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。