クラスの異なる航空券で迷うこと

今回、往復でクラスの異なる航空券の予約を入れましたが、
同時に迷ってしまった事を挙げていきたいと思います。

往路 日本〜サンディエゴ、復路 ロサンゼルス〜日本の予約です。
JAL_yoyaku2014
ビジネスクラスでの利点といえば、
・エコノミーより多めの荷物を機内に預けられる
・出発までの間をラウンジで過ごせる
・広くて快適なシートを楽しめる
・美味しい食事や時間を問わない軽食を楽しめる
・入国審査場までいち早く辿り着ける
・荷物を優先的に早く受け取られる
この利点を最大限に活かすのに
往路と復路、どちらをビジネスクラスにしようかと非常に悩みました。
これまで何度かビジネスクラスも利用していて(いつもはエコノミー)気付いたことといえば、
ビジネスクラスだとノイズキャンセリング機能付きヘッドフォンと
ゆったりとしたフルフラットに近い状態での寝心地があるので
現地に到着する頃には10時間程度のフライトでもさほど疲れていないどころか
心地良くぐっすりと熟睡が出来るので現地1日目から活発に動き回れる点です。
この利点が往路をビジネスクラスにした最大の決め手となりました。
他にも、
我が家は国内線を経てからの国際線利用なので、
長い長い待ち時間にラウンジが利用出来ることで
シャワーや食事、休憩を賄えるのが非常に便利です。
エコノミークラスの場合は有償でアメリカン航空のラウンジを利用しています。

では、もう1つの最大の利点である機内預け荷物について、
往路でビジネスクラスを使うのが勿体無いではないか?と思われる点について。
エコノミークラス 50ポンド=23kgまでを2個
ビジネスクラス 70ポンド=32kgまでを3個
以上が無料で預けられる荷物の量なのです。
しかし、
1人でエコノミークラスの許容量の合計46kg+ハンドバッグ(のようなもの)を運ぶのですら
重過ぎていままでやったことが無い量ですし、
業務などで何かを仕入れに行くわけでもありませんから
さすがに32kgを3つ=96kgまでは必要ないなーと感じました。
加えて、有料ですが、アメリカから荷物を郵送することで荷物を運ぶ手間なども省けます。
よって、今回の復路はエコノミークラスの許容量でも十分に間に合います(≒間に合いそう)。
復路のエコノミークラスについて。
ただ、疲れ果てて眠るかビデオを観ながら食事するだけの時間であることや
到着翌日以降も休暇が残っているので多少疲れていても大丈夫…という時間的余裕があることや
前回の旅行で体験した新しい777のエコノミークラスが意外と居心地良かったので
躊躇う事なく予約してみました。
往復の便が予約出来ることで、
旅行自体が漠然としたものから少し骨格が出来上がりつつある感じです。
現在、バラバラで予約している宿泊なども併せることで
これらの行程に観光などのオプションを肉付けすると
ツアー会社で予約したちょっとゴージャスな旅を自力で作成出来ますよね。