ヒルトン名古屋 その1

2021年最初の旅はヒルトン名古屋でした。


出発日の朝、夜中に降り続けた雪がかなり積もっていて
最寄駅までの足となるはずのタクシーが捕まらず、自宅から車で大きな荷物と私を駅まで送り届けた後、
主人があとから徒歩で最寄駅に向かいました。
この日から記録的な大雪となるなんて誰も思いもせず・・・


金沢駅から名古屋へは特急しらさぎを予約していました。
しかし、大雪で遅れや運休の可能性が高かったため、
新幹線に切り替えて移動することに決めました。
なお、今回の大雪による不乗車の場合でネット予約はそのまま放置するだけで料金が返金されました。


石川県内の新幹線駅は今のところ金沢駅ただ1駅のみです。


多分、真ん中あたりではないかという6号車を指定。
東海道新幹線では当たり前のようにグリーン車がど真ん中あたりの便利な場所にあるのですが、
北陸新幹線や北陸本線を走る新幹線、列車の場合はグリーン車やグランクラスは1番端の車両にしかなくてちょっと不便だなぁと思います。


後ろに大きなスーツケースが置ける場所を選択。
北陸新幹線は大型荷物スペースは今のところ無料です。


反対側は3列座席。
詳しく書けませんが、この後は大宮駅までこの辺りでとても緊張感が続くのでした。
(と書きつつも寝不足のため熟睡しました。)


金沢駅セブンイレブンの隣にあるおにぎり屋さんにて。


富山付近からはホワイトアウトのような景色が続き、さらに天候が悪化しているようでした。


新幹線かがやきに乗車していたのですが、新潟県の糸魚川駅にて一旦停車です。
この停車ではドアが開けられることはありません。


除雪作業の様子です。


ところ変わって埼玉県の大宮駅周辺です。
ここまでウトウトと眠っていましたので大宮に着いて天気の良さにびっくりしましたし、
しばらく田舎暮らしが続いているせいか窓から見えるビル群が何とも良い景色に見えたりしました。


あっという間に東京駅到着。
糸魚川駅での除雪作業などが入ってもたった5分の遅延でしかない新幹線は凄い。
悪天候の中でたった5分しか送れなかった技術の素晴らしいのですから
車内アナウンスで何度も謝罪されるのは心苦しかったです。

ここまで自宅を出てから4時間半。
名古屋ヒルトンへはまだまだ遠いですが、ここが折り返し地点となります。