2019秋 特典航空券とスケートアメリカの旅 その15



※このページは2019年10月〜11月のアメリカ旅行記です。

ラスベガス2日目です。

今日から始まるフギュアスケートグランプリシリーズに向けて
しっかりとした朝食から始めます!

やってきたのは滞在中のNYNY(ニューヨークニューヨーク)のホテルのフロントからほど近い場所にある
AMERICAという24時間営業のカフェです。

この日は並ぶことなくすぐにテーブルに案内されました。
店内にはアメリカ50州の地図が天井にありました。


この日の座席からはカリフォルニア〜ワシントンまでの西海岸と山岳地方が見えました。


少し離れた場所にはアラスカ州とハワイ州も描かれていました。


店名がAMEICAだから(?)アメリカ国旗のデザインのメニューがありました。


このボトルの中身は熱湯です。
上には蜂蜜がボトルの蓋となり、熱湯の蒸気で温められています。


アメリカで温かい紅茶を注文すると大抵は熱湯とティーバッグが別々で用意されていて
自分で好きな濃さまで紅茶を蒸らすような感じになります。
温かい紅茶も飲み放題なのでお湯やティーバッグが足りなければ無料で追加できます。
アメリカではおかしな飲み方なのですが、ここへミルクを注いでミルクティーとしていただきました。
(アメリカではボバティー(タピオカミルクティー)以外で普通のミルクティーの概念がない。)


こちらは私注文分のNew York Breakfast sandwich($12.50)です。
大好物のカイザーロールを使った温かいサンドウィッチで
ベーコン、チーズ、半熟たまごが絶妙な調理をされていて超絶に美味しかったです。
そして忘れてはならないのはハッシュブラウン。
これまで食べたことのないクリーミーでねっとりとしていてカリッとしている抜群に美味しいものでした。


こちらは夫注文分のSteak & eggs($16.50)です。
いつもミディアムレア(お肉)、オーバーイージー(卵)と定形文があるかのような注文しています。
やはり夫もハッシュブラウンの美味しさに驚いていました。
もちろんステーキもかなり美味しかったようで、
これまで何度か訪問したEllis Island Casinoの$6.99の朝食ステーキとは肉質が全然違うとのことでした。


ステーキ用のトーストです。
私のものではありませんが、1〜2枚ほどいただきました(要らないって言われたから)。

ということで、
ラスベガス2日目の朝食はカジノからのリゾートクレジットで賄うことができました。
タダ飯 バンザイ!

お店を出ると・・・

お隣にあるカジュアルなカフェの店頭でバゲットなどが販売されていました。
くるみ入りやオリーブ入りのパンもあり、1本あたり5ドル以下とお手頃。
後日、HGVCに引っ越ししたら買おう!と散々口にしたのですが、
実のところ、今回の旅行ではチェックアウト後にNYNYに出向くことがなく買えませんでした。
次回以降の課題として取っておきたいと思います。

お腹がいっぱいになったのでそろそろお出かけです。


皆さまの1クリックが記事を書く活力になります。
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
アメリカ旅行ブログ
お読み下さいましてありがとうございます。